【Unity】GameObjectメニューのVideoについて解説【初心者向け】

【Unity】GameObjectメニューのVideoについて解説【初心者向け】

メニューバーの『GameObject』から作成できるGameObjectの種類について解説するシリーズ第7弾。

今回は「Video」のメニューから作成できるオブジェクトについて解説を行います。

その名の通り、ゲーム内でVideoを再生するための機能となっています。メディアの再生という意味では前回のオーディオと関連する部分もあるかも?

 

環境

macOS 10.14 Mojave

Unity2018.3.14f1

Unity Hub 1.6.2

メニューバーの『GameObject』について

『GameObject』は画面左から5番目、『Assets』と『Component』に挟まれています。

左から5番目にあるのだポッター
左から5番目にあるのだポッター

 

個々のGameObject作成に関してはそれぞれ別記事として作成し、それ以外の項目については以下の記事で解説を行なっています。

 

この記事では以下の項目を解説していきます。

Video
Video

 

作成できる項目は『Video Player』のひとつだけなのでシンプルです。

ビデオの再生

ビデオの再生に関するゲームオブジェクトを作成するメニューです。

コンポーネントの方から『Video Player』をアタッチすることも多いかも?

Video Player

Video Playerのオブジェクトを作成します。

シーン内の特定の位置で何か影響を及ぼす訳ではないためアイコンは無いようです。

コンポーネントは以下のようになっています。

コンポーネントの設定
コンポーネントの設定

 

プロジェクト内にインポートしたビデオクリップ、あるいはURLから選択したものを再生することができます。

「どこに描画するの?」と思われるかもしれませんが、これはRender Textureの機能を使います。あるいはカメラに直接描画することも可能です。(単に再生したい場合、一番楽なのはカメラです)

Render TextureについてはこのブログでもAssetsメニューの解説で触れたのでこちらもぜひ。

 

ビデオクリップの画像をRender Textureとして出力し、それを貼ったマテリアルを持ったオブジェクトの表面に動画が再生されるようになります。

例えば、シーン内にQuadのオブジェクトを配置して、そこでビデオクリップを作成することを考えます。

再生するのは以下の動画。BGMはTAM Music Factoryさん、MusMusさんの素材を使用しています。

このブログで作ったカメラワークの解説動画をサンプルにしてみます。

カメラワークの解説記事はこちら(宣伝)

 

あなたが試してみる場合は……スマホで撮影した動画を取り込んで、それをUnityにインポートするのが多分一番楽だと思います。対応している拡張子はUnityのマニュアルから確認できます。

 

まず、ビデオクリップの内容を出力するためのRender Textureを作成します。メニューバーの[Assets] -> [Create] -> [Render Texture]から作成しましょ。

Render Texture
Render Texture

 

続いてRender Textureの設定を行います。解像度設定をしておきたいので、ビデオクリップの大きさに合わせてSizeの値を変更します。ここでは1920 * 1080というまさかのフルHDに設定しています。当然のことながらサイズが大きくなればこのテスクチャのサイズも大きくなるので注意。

解像度の変更
解像度の変更

 

次にマテリアルを作成します。メニューバーの[Assets] -> [Create] -> [Material]から作成しましょ。

マテリアル
マテリアル

 

Inspectorウィンドウで[Albedo]の部分に、先ほど作成したRender Textureを設定します。

テクスチャを設定しよう
テクスチャを設定しよう

 

最後にシーン内で動画を表示するため、Quadのオブジェクトを作成します。メニューバーの[GameObject] -> [3D Object] -> [Quad]から。

Quadを作成する
Quadを作成する

 

QuadオブジェクトのMesh Rendererコンポーネントでマテリアルを指定します。先ほどテクスチャをセットしたマテリアルを選びましょ。

マテリアルをセットするのだポッター
マテリアルをセットするのだポッター

 

これで再生する側の準備ができました。あとはVideo Player側の設定ですね。

Video Clipにはインポートしたビデオクリップを、Target Textureには作成したRender Textureをそれぞれ設定します。

VideoPlayerの設定
VideoPlayerの設定

 

これでゲームを実行してみると……!

シーン内で動画が再生された
シーン内で動画が再生された

 

無事、シーン内で動画が再生されました。あとはお好みでそれっぽいオブジェクトを足していけばOKです。音声付きの動画であれば、音も一緒に流れています。

ドットパターンでライブ会場っぽく
ドットパターンでライブ会場っぽく

 

Video PlayerのSourceで[URL]が選べますが、多分あなたも「Youtubeの動画をそのまま埋め込めるのでは?」なんて思ったかもしれません。

結論から言うと、そのままではダメです。

ファイルに直接アクセス出来るURLじゃないとダメなので、「.mp4」みたいな拡張子まで入ったURLが必要です。

Youtubeの動画を再生したい場合はアセット(有料)を使うか、ファイルローダーを自作するかですね。ここまでしてYoutubeの動画をゲーム内で再生する必要があるかというと……ないかも。

自分で作成した動画なら元ファイルがあるからそれを使えばいいですし、URLを使うならゲームからアクセス出来るサーバーにファイルをアップロードしちゃった方が早いかもしれません。

他人の動画をゲーム内で再生するようにすると著作権的なアレやコレやが大変だと思うので、無理してやらなくていいと思います。

まとめ

このページではメニューバーの『GameObject』から作れる『Video』の項目について解説を行いました。

ゲームのプレイ動画を事前に撮影しておいて、それをチュートリアルで流したりするといいかもしれません。

ゲーム内のオブジェクトと調和させたい時にはRender Textureを使い、単純に動画を再生したい場合はカメラに描画するといい感じです。

アプリ公開までの攻略チャートを作りました!

CTA-IMAGE

「スマホ向けのアプリを作ってみたいけど、何から手を付けていいか分からない!」


そんなお悩みをお持ちの方向けに、todoがアプリをリリースした経験から手順や考慮すべき点をまとめたe-bookを作成しました。ゲーム作りはそれ自体がゲームのように楽しいプロセスなので、「攻略チャート」と名付けています。


アプリをリリースする観点から書いているので各アプリストア向けの作業が入っていますが、企画、設計、開発、テスト部分については他のプラットフォームでも使える知識が満載です。


無料で入手できるのでぜひお早めにゲットして、開発をブーストさせてください!