【Unity】HeaderAttributeを使ってフィールドを整理してみなイカ?

【Unity】HeaderAttributeを使ってフィールドを整理してみなイカ?

Unityのスクリプトを書いていて、だんだんとフィールドが多くなってくる今日この頃。

Inspectorから操作できるフィールドはいっぱいあった方がいいよねーなんてノリで[SerializeField]を付けたりpublicなフィールドにすることもありますが、増やし過ぎて操作したいフィールドがすぐに見つからないなんてことがあります。

そんな開発者を救ってくれるAttributeがこちらのHeaderAttribute。これをフィールドが書かれているあたりに付けておくと、ヘッダーを表示することができ、フィールドの整理にお役立ち。

 

環境

macOS 10.13 High Sierra

Unity2018.1.0f2

HeaderAttribute

このHeaderAttributeは、その名の通りヘッダーを付けてくれるAttribute(属性)です。

スクリプトでフィールドに[SerializeField]を付けたりpublicにしたりするとInspectorウィンドウから値を操作することができますが、この時にヘッダーを使って領域を分けておくと便利です。

使い方は簡単で、ヘッダーを追加したいフィールドの前に[Header(文字列)]を記載するだけ。

例えば以下のように、キャラクターに関する情報をカテゴリ分けすることができます。

上記のスクリプトをアタッチすると、Inspectorウィンドウではこうなります。

ヘッダーを使って整理するのだポッター
ヘッダーを使って整理するのだポッター

 

HPならHP関連のパラメータ、MPならMP関連のパラメータでまとめています。HeaderAttributeを使えばカテゴリごとにまとめられるので、Inspectorウィンドウからの操作がスムーズになるはず。

特に設定項目が多くなりがちなRPG系のゲームを作っているなら、ぜひとも使ってみると便利。

 

HeaderAttributeの位置

色々な場所にHeaderを突っ込んで動きを確認してみます。

クラスの末尾

まずはクラスの末尾に。ここではメソッドも無い状態です。

赤くなってる……!
赤くなってる……!

 

『Invalid token ‘}’ in class, struct, or interface member declaration』のエラーが表示されました。フィールドに対してヘッダーを指定しているため、対象のフィールドが無い場合はうまく動きません。

メソッドの前

ヘッダーの後に何かあればいいよね? みたいな感じでメソッドの前に置いてみます。

また赤線が
また赤線が

 

今度は『Attribute ‘Header’ is not valid on this declaration type. It is only valid on ‘field’ declarations.』のエラー。

フィールドじゃないとダメだよーと怒られます。

クラスの前

メソッドの前と同じようなイメージで置いてみます。

ですよねー
ですよねー

 

『Attribute ‘Header’ is not valid on this declaration type. It is only valid on ‘field’ declarations.』のエラー。だからフィールドの前に置きなさいよ! とコンパイラの怒りを感じます。

クラスの後ろ

じゃあクラスの後ろならどうなるの?

後ろだと……
後ろだと……

 

『A namespace cannot directly contain members such as fields or methods』のエラー。名前空間直下にフィールドとかメソッドを書いているのと同じ状態になりました。

ダブルヘッダー

上の用例は配置の場所が悪かったです。やっぱりフィールドの前に置かないとね。

なので今度はちゃんとフィールドの前に置きます。2つだけどな!

このスクリプトを保存すると以下のように表示されます。

2行表示された
2行表示された

 

2つヘッダーを付けた場合、どちらかが消えることもなく、ちゃんと2つとも表示されます。

これを使えば大きなカテゴリ分けと、その中の細かいカテゴリ分け、なんて風に使えそう。

まとめ

HeaderAttributeを使うとInspectorウィンドウにてフィールドを整理して表示できます。

記述できる場所はフィールドの前だけですが、ひとつのフィールドに2つのヘッダーを付けることもできるので、カテゴリ分けも柔軟にできます。

アプリ公開までの攻略チャートを作りました!

CTA-IMAGE

「スマホ向けのアプリを作ってみたいけど、何から手を付けていいか分からない!」


そんなお悩みをお持ちの方向けに、todoがアプリをリリースした経験から手順や考慮すべき点をまとめたe-bookを作成しました。ゲーム作りはそれ自体がゲームのように楽しいプロセスなので、「攻略チャート」と名付けています。


アプリをリリースする観点から書いているので各アプリストア向けの作業が入っていますが、企画、設計、開発、テスト部分については他のプラットフォームでも使える知識が満載です。


無料で入手できるのでぜひお早めにゲットして、開発をブーストさせてください!