【ゲーム開発】ゲームの不満な部分は宝の山です。レビューを見よう

【ゲーム開発】ゲームの不満な部分は宝の山です。レビューを見よう

ゲームをやっていて「ここはもうちょっと作り込んで欲しかったなー」とか、「なんでそうなるの!」といった感想を持ったことってありませんか?

私は「ありのままを受け入れよう」と思いつつも、結構「ここはこうなっていた方が嬉しかったなー」と心の中で思っていたりします。

他の人が作ったゲームが100%刺さるってことはなかなか無くて、気になる部分が出たりすることもありますよね。(それが気にならないほど他の要素が面白い! ってことが多いですけど)

ゲーム開発をしている人にとっては、こうした部分は宝の山なんです。

というのも、その部分には良いゲームを作るためのヒントが隠されているからです。

 

 

フィードバックが得られる

どういった要素がプレイヤーのストレスに繋がるのか、どういった要素をプレイヤーが欲しがっているのか、これを知ることで、自分の作るゲームにフィードバックすることができます。

ゲーム開発をしている人の場合、ゲーム開発者としての目線と、プレイヤーとしての目線の両方でゲームを分析できるので、さらに学べることが多いと思います。

ゲーム開発者の目線だと、システムの作り込みや処理の速度などに注目するかもしれません。なんだか画面がカクカクしていたら、「1フレームに処理を詰め込みすぎかな」とか「Unityだったらコルーチンを使って画面を止めないように裏の処理をした方がいいな」といった感じです。

プレイヤーの目線であれば、純粋にストーリーを楽しめるか、見た目は良いか、遊んでいてストレスがないか、難しすぎないか、といった部分に注目するかもしれません。プレイヤーの目線だと、システムの作り込みはそこまで気にならないんですよね。むしろ複雑なシステムだと、理解するのに時間がかかって「めんどくさ……」となることもありますし。

 

アマゾンのレビューも見よう

実はこういう満足した点、不満な点を見つけるのに最適な場があります。それはアマゾンのレビュー欄です。

星5のレビューであれば満足した点が見つかりやすいですし、星1のレビューであれば不満な点を見つけやすいです。

星1レビューでも「届くのが遅かったので★1」とか「パッケージに傷がついていたので★1」みたいなゲームそのものに関係のない意見はここではスルーしてください。また、星5レビューにありがちな絶賛しているけど日本語が不安定な実名系レビューもスルーした方が良いでしょう。

そう考えると、星4、星2あたりのレビューがバランスよく質の高い意見を見つけやすいかもしれません。他の人が作ったゲームでも、レビュー欄を活用することで自分のゲームにフィードバックを得ることができます。

 

Steamもいいぞ

よりゲームの内容に特化したレビューを見つけるなら、Steamのレビューを見るのも良いでしょう。WindowsPC向けのゲームのプラットフォームである「Steam」は質の高いレビューを見付けやすいです。

Steamのレビュー欄では、レビューしているゲームのプレイ時間や、Steam内でプレイしたゲームの数など、レビュアーの情報が表示されます。ちょっと遊んだだけで「つまんない」と書くようなレビューはそんなに見かけないので、個人的にアマゾンのレビュー欄より参考になる情報が多いです。

PCでゲームをする人というのはゲーム好きな人が多いため着眼点が鋭く、システム面や遊びやすさといった開発者側への良いフィードバックとなりやすい情報がたくさん並んでいます。

 

印象に対する反応を知るならアプリストア

ゲーム好きだけではなく、あまりゲームをしない人もレビューを行っているのがGooglePlayやAppStoreなどのアプリストアです。

こちらでは、自分が作ろうとしているジャンルのゲームを検索して、そのレビューを解析してみましょう。アプリストアでのレビューは、どちらかというと印象に対する反応が多いです。ゲームのルックアンドフィールの部分で、「操作しやすい/しにくい」「見た目が良い/悪い」といったレビューがよく見られます。

ゲームの第一印象は見た目です。グラフィックの方向性やレベルがゲームの印象を決めるため、それに対する反応を見てみると良いかもしれません。

 

気付いているけどそのまま、という場合も

ゲームをリリースした人たちはその改善点に気付いていますが、コスト的な問題でそのままにしていることもあります。

ユーザー側からすると「いや、ちゃんと遊びやすくしてくれよ……」となるのは重々承知しているのですが、ビジネス的な観点からだと、コストを無制限に膨らませることはできません。

そうした部分を認識して、自分が修正する場合はどれくらいのコストがかかるのか、自分だったらどのように表現するか、このように考えていくだけでも知識が増えていきます。

 

ユーザーの反応を生かそう

ゲームをリリースしても、ユーザーの反応を見るまでは「いいゲームだ!」とは言えません。開発者側がいくらいいゲームだと言ったところで、ユーザーがそう思わなければ……待っているのは悲劇です。

自分のゲームの反応を見るのも大切ですが、その前段階として自分がゲームを遊んで感じた点や、他の人のゲームに対するレビューを探すと思わぬお宝があったりします。

他の人が作ったゲームのレビューを見るのって、ちょっと躊躇う気持ちも生まれますよね。「似たようなゲームなのに、なんでこのゲームの評価が高いんだ……羨ましい」みたいな嫉妬心が芽生えることもあるので。

でもユーザーが感じている不満点を集めて解決することができれば、次に羨望の眼差しで見られるのはあなたです。ユーザーの心に刺さるゲームを目指して一緒に頑張りましょう!

 

アプリ公開までの攻略チャートを作りました!

CTA-IMAGE

「スマホ向けのアプリを作ってみたいけど、何から手を付けていいか分からない!」


そんなお悩みをお持ちの方向けに、todoがアプリをリリースした経験から手順や考慮すべき点をまとめたe-bookを作成しました。ゲーム作りはそれ自体がゲームのように楽しいプロセスなので、「攻略チャート」と名付けています。


アプリをリリースする観点から書いているので各アプリストア向けの作業が入っていますが、企画、設計、開発、テスト部分については他のプラットフォームでも使える知識が満載です。


無料で入手できるのでぜひお早めにゲットして、開発をブーストさせてください!