【Unity】過去バージョンでプラットフォームサポートを追加する際の注意

【Unity】過去バージョンでプラットフォームサポートを追加する際の注意

Unityの過去バージョンを使って開発することも稀によくあり、私のMacには複数のバージョンのUnityがインストールされています。

複数バージョンのUnityを保持するためにフォルダの名前を変えているのですが、この状態でプラットフォームサポートを追加するときにちょっと問題が起きたのでメモ。

 

環境

macOS 10.13 High Sierra

Unity2017.4.0f1

背景

以前、複数バージョンのUnityを保持する方法を記事にして、Mac内のフォルダ構成もその通りにしていました。

複数バージョンのUnityたち
複数バージョンのUnityたち

 

今私のMacにある最新のバージョンは2018.1なのですが、チュートリアルで作ったゲームをWebGLでサンプルにしたいなーとふと思い立ったんです。

チュートリアルは2017.4で作っていたので、そのバージョンを起動し、WebGLのサポートモジュールをダウンロード後、インストールするときに問題が発生しました。

インストーラーの指示にしたがってインストールを進めていたのに、でかでかと『インストールできませんでした』の文字が。

これは困ったなーと3分ほど悩んだのが今回のスタート地点でした。

サポートモジュールのインストール

プラットフォームの切り替えを行う際には、対象の環境のサポートモジュールが必要になります。

インストール時にこんな感じの画面を見たかと思いますが、この中のなんちゃらBuild Supportをインストールする必要があるんです。

例えば、iOS向けにアプリをビルドしたいときには、『iOS Build Support』をインストールしておかないといけません。

ただ、実際に使うときになってからインストールする事もできるので、今回はWebGLのモジュールをその方法でインストールしようとしました。

画面上部のメニューバーから[File] -> [Build Settings…]を選択するとゲームビルドに関する操作が行えますが、この中にプラットフォームの選択領域があります。その中で、まだサポートモジュールのないプラットフォームを選択すると、以下のように表示されます。

サポートモジュールのない環境
サポートモジュールのない環境

 

[Open Download Page]をクリックするとモジュールインストール用のパッケージがダウンロードされるので、そのインストーラーの指示にしたがってインストールを進めました。

Macの場合、インストール先のストレージは選べても、インストールパスまでは選べないのが気になりましたが、そのまま進めたらこんな画面が。

できませんでした
できませんでした

 

ううーむ、困ったぞう。

 

解決策

嘘です。すぐに原因に思い当たりました。

このモジュールの追加パッケージでは、Unity本体がマシンにインストールされているかどうか、依存関係を調べています。

その調べる先は、デフォルトのUnityのパス。Macではインストール先を変えられないまま、アプリケーションの下の『Unity』フォルダにインストールされます。

私の場合、インストールされた各バージョンごとにフォルダ分けしてしまっているので、『Unity』フォルダが見つからず、インストール失敗となったようです。

となると対応策は簡単。サポートモジュールをインストールしたいバージョンのUnityが入ったフォルダ名を『Unity』に変えるだけ。

フォルダ名を早速変更
フォルダ名を早速変更

 

再度インストーラーを起動して指示通りに進めたら、見事成功。

できた!
できた!

 

Unityを再起動してからもう一度『Build Settings』の画面を開くと、無事にモジュールが反映されていました。Unityを開きっぱなしだと反映されないので注意。

無事に反映された
無事に反映された

 

考えうるその他の影響

フォルダ名を変えている場合、パッチアップデートでも影響が出るかも。

複数バージョンを保持しているときにアップデートするか? という疑問はさておき、なんらかのインストール処理が入るときにはフォルダ名を戻しておいた方が良さそう。

サポートモジュールの確認

対象のバージョンにどのサポートモジュールがあるかは、Unity本体が格納されているフォルダの『PlaybackEngines』から確認できます。

PlaybackEngines
PlaybackEngines

 

まとめ

Unityのアップデートやモジュールの追加を行うときにはフォルダ名をデフォルトの『Unity』に戻そう。

Windowsの場合は、インストーラーの中でパスを指定できた記憶があるので、フォルダ名を変えずともパスの指定を間違えなければ大丈夫。多分。きっと。おそらく。

アプリ公開までの攻略チャートを作りました!

CTA-IMAGE

「スマホ向けのアプリを作ってみたいけど、何から手を付けていいか分からない!」


そんなお悩みをお持ちの方向けに、todoがアプリをリリースした経験から手順や考慮すべき点をまとめたe-bookを作成しました。ゲーム作りはそれ自体がゲームのように楽しいプロセスなので、「攻略チャート」と名付けています。


アプリをリリースする観点から書いているので各アプリストア向けの作業が入っていますが、企画、設計、開発、テスト部分については他のプラットフォームでも使える知識が満載です。


無料で入手できるのでぜひお早めにゲットして、開発をブーストさせてください!