そんなことよりUnityだ!! 初心者に向けたインストール方法

そんなことよりUnityだ!! 初心者に向けたインストール方法

Unity関連のブログを立ち上げたら、まずやるべきはこれ。

そう、インストール方法の紹介だ!!

正直ここに来る人たちで「Unityインストールしてないんすけど」なんて人は少ないと思いますが、やっぱりこれやっとかないとね。伝統行事ですから。

 

環境

macOS High Sierra (10.13)

Windowsでも概要は同じですが、ここではMacにインストールすることを前提として記載します。

UnityのWebサイトにGO!

何は無くともUnityのWebサイトに行くべし。

UnityのWebサイト
まずはUnityのページを開くのだ

 

色々と気になる項目はあるけれど、画面右上の『Unityを入手』をクリックしよう。

Unityを入手
画面右上に注目

 

次はプランの選択が表示されるんだけど、今からUnityをインストールする個人開発者はPersonal一択(でいいと思う)

プランの選択
開発者の規模に合わせた様々なプランがある

 

2018年4月時点で存在しているプランは次の4つ。

プラン 料金 条件
Personal 0円 所属している会社の年間売り上げが10万米$まで
Plus 月額4200円 所属している会社の年間売り上げが20万米$まで
Pro 月額15000円  なし
Enterprise 〜未知の世界〜  21人以上のチーム向け

 

ゲームエンジンの機能はPersonalでも全部使えるため、趣味で使うならPersonalで十分。

後々アプリをリリースするようになった時には、Plusに切り替える必要があるかも。というのはPersonalの場合、ゲームのスプラッシュスクリーンがUnityのものになってしまうんですよねぇ……。スプラッシュスクリーンがUnityデフォルトのものとなると、Unity開発者は苦笑い。

企業で開発している人は、会社にシートを買ってもらえるでしょうからそちらで。

ちなみにシートというのはUnityのライセンス数を表す言葉です。2018年4月時点では、1シートで2台のコンピュータまでUnityをアクティベーション可能です。個人で1シート購入したら、WindowsのマシンとMacそれぞれでアクティベーションする、なんてことも可能。

とまぁプランの説明もしたけれど、まずはPersonalから始めよう。上の画像内、赤で囲った部分の『Personalを試す』をクリック。すると「条件に同意する」の画面が表示されます。

同意事項
10万米ドルは約1000万円

 

チェックボックスにチェックを入れてインストーラーをダウンロード。私がメインで使っているのはMacなので、上の画面ではMac用のインストーラーが表示されています。

記事を書いている時点では「Unity 2017.4.0f1」がダウンロードされました。

 

インストールする

「そふとは だうんろーどしたら いんすとーるしないと こうかがないぞ」

インストールは大事。古事記にもそう書かれている。

Macの場合はダウンロードしたディレクトリを開き、そのまま「UnityDownloadAssistant」を起動しましょう。

Unity Download Assistant
ダブルクリック!

 

上の画像のような画面が表示されるので、『Unity Download Assistant』をダブルクリック。セキュリティの設定によっては以下の画面が表示されるので『開く』をクリックして次へ。

セキュリティの確認
Unityからダウンロードしたものであることを確認しよう

 

インストーラーの開始画面が表示されるので『Continue』をクリック。

インストーラの開始
インストーラの指示に沿って進めよう

 

利用規約が表示されたら『Continue』をクリック。

利用規約
Unityの利用規約

 

ライセンスへの同意が求められるので『Agree』をクリック。

同意の確認
同意の確認が表示される

 

同意後、インストールするコンポーネントの選択画面が表示されます。最初から選択されている4つのコンポーネントをインストールすればOKです。

いずれスマホ向けにアプリをリリースする場合は「Android Build Support」や「iOS Build Support」が必要になってきます。

「アプリ? リリースするに決まってるっしょ!」という方はそちらもチェックを入れて『Continue』をクリック。

インストールするコンボーネント
まずは基本セットで大丈夫

 

インストール先のディスクを選択し、『Continue』をクリック。インストールが始まります。

ディスクの選択
(ディスクサイズが)貧弱! 貧弱ゥ!

 

しばらく待つとインストールが終わります。インストールするコンポーネントが多いと結構時間がかかるので、コーヒーブレイクタイム。終わったら『Close』をクリックしてインストーラーを終了させます。

インストール完了
おっつおっつばっちし!

 

『Launch Unity』をクリックして立ち上げても良いですが、まずはインストールパスを確認しておくと次回以降迷わずに済みます。

Finderを開き、よく使う項目の「アプリケーション」を開くと、「Unity」フォルダが作られています。その中の「Unity」をダブルクリックするとUnityを起動することができます。うん、簡単。

Dockエリアに持ってくればショートカットも作れるので、そこまでやっておくと吉。

インストール完了!

はい、お疲れ様でした!

……。

ん? サインイン画面が出たって?

そう、実はUnity IDなるものがあって、登録しておくと色々便利なんです。

登録しなくてもUnityを使えるっちゃあ使えますが、後々のことを考えると登録しといた方が便利。Asset Store を使ったり、Unity Adsでゲームを収益化できたりしますからね。

という訳で次の記事はUnity IDの登録についてです。

まとめ

今回はMacユーザ向けにUnityのインストール方法を紹介しました。

まずUnityをインストールしないと始まりません。利用規約が英語で面食らった人も多いかもですが、Unityを使っていくとだんだん慣れます(英語ができるようになるとは言っていない)

何よりも使ってみることが大切だと思うので、ぜひUnityに触れてみて!

アプリ公開までの攻略チャートを作りました!

CTA-IMAGE

「スマホ向けのアプリを作ってみたいけど、何から手を付けていいか分からない!」


そんなお悩みをお持ちの方向けに、todoがアプリをリリースした経験から手順や考慮すべき点をまとめたe-bookを作成しました。ゲーム作りはそれ自体がゲームのように楽しいプロセスなので、「攻略チャート」と名付けています。


アプリをリリースする観点から書いているので各アプリストア向けの作業が入っていますが、企画、設計、開発、テスト部分については他のプラットフォームでも使える知識が満載です。


無料で入手できるのでぜひお早めにゲットして、開発をブーストさせてください!