【Unity】全世界で一番有名なHello Worldを表示するおまじない

【Unity】全世界で一番有名なHello Worldを表示するおまじない

コンソールに『Hello World!』を表示するのは、おそらく全世界で一番有名なおまじないです。

そういえばうちのブログでもやってたっけ……?

と不安になって確認したら、なんとやってませんでした(驚愕)

無理してやる必要は無いとはいえ、やっとかないとなんだか落ち着かないのでこのページでは画面付きでコンソールに『Hello World!』を表示する手順を紹介します。

 

 

環境

macOS 10.14 Mojave

Unity2019.1.8f1

Unity Hub 2.1.2

 

HelloWorldを表示しよう!

初心者に一度はやってもらいたい『Hello World!』の表示。なので、ちょっとくどいかもしれませんが1ステップずつ手順を紹介します。

なお、Unityのインストール、プロジェクトの作成までは終わっている前提で話を進めます。

 

スクリプトファイルの作成

コンソールに『Hello World!』を表示したいので、まずはスクリプトファイルを作成します。

Projectウィンドウで右クリックしてコンテキストメニューを開き、[Create] -> [C# Script] を選択します。

スクリプトファイルを作成するのだポッター
スクリプトファイルを作成するのだポッター

 

作成されたスクリプトファイルは『HelloWorld』と名付けました。分かりやすさは正義です。

名前はそのまま
名前はそのまま

 

スクリプトファイルの編集

作成した『HelloWorld.cs』をダブルクリックしてテキストエディタを開きます。私はついついデフォルトのコメント文を削除してしまうのですが、記載されたままでも構いません。

手っ取り早く『HelloWorld』したい方は下のスクリプトの9行目だけコピペしてStart()の中に書いて保存してくださいな。

 

スクリプトの内容ですが、ゲームを実行した最初のフレームでコンソールに『Hello World!』の文字列を出力するようにしています。

Start()はGameObjectが有効化された最初のフレームで1回実行されるメソッドです。今回の場合、GameObjectは最初から有効化された状態なので、ゲームスタート時に1回だけ実行されることになります。

Debug.LogというのはUnityで使えるメソッドで、引数の文字列をコンソールに出力してくれます。その名の通りゲームのデバッグ時に非常にお世話になる機能です。引数の文字列はもちろん『Hello World!』です。

スクリプトを編集し終わったら保存してUnityエディタの画面に戻ります。画面右下でクルクルと回っているマークが消えて、コンソールにエラーが出ていなければOKです。

 

スクリプトファイルのアタッチ

作成したスクリプトは、GameObjectにアタッチします。UnityではGameObjectとコンポーネントやスクリプトを関連づけることを『アタッチ』と呼んでいます。

ざっくりいうと、Sceneの中にいるGameObjectを確認し、スクリプトがアタッチされていたらその処理を行う、という流れになります。

そのためにGameObjectを作成します。Hierarchyウィンドウで右クリックしてメニューを表示し、[Create Empty] を選択します。

スクリプトアタッチ用のオブジェクト
スクリプトアタッチ用のオブジェクト

 

GameObjectが作成されるので、右にあるInspectorウィンドウで名前を入力します。何でも良いので『HelloWorldObject』にしました。

名前は分かりやすく
名前は分かりやすく

 

続いてスクリプトをアタッチしましょう。Inspectorウィンドウよく見ると、[Add Component] というボタンがあると思います。これをクリックしましょう。

表示されたウィンドウ上部に検索バーがあるので、ここに『HelloWorld』を入力します。おそらく『he』まで入力した時点で以下のようにスクリプトが見つかるので『HelloWorld』をクリックします。画像で青くなっている部分です。

スクリプトのアタッチ
スクリプトのアタッチ

 

アタッチが完了すると以下のようにInspectorウィンドウに『HelloWorld』のスクリプトが表示されます。これで準備はOK。

アタッチされた後の状態
アタッチされた後の状態

 

ゲームの実行

準備できたらゲームを実行してみましょう。Unityエディタの画面上部にある実行ボタン [▶︎] をクリックします。3つ並んでいるうちの一番左のボタンですね。

ゲームを実行する
ゲームを実行する

 

ゲームが実行されると、コンソールに『Hello World!』の文字が表示されました! やったぜ。

Hello World!
Hello World!

 

Hello World! を表示するのに必要な技能

これであなたはコンソールに『Hello World!』を表示することができました。ようこそUnityの世界へ。

さて、この手順の中で必要な技能は以下の通りです。

  • スクリプトファイルを作成する
  • スクリプトの中でDebug.Logを実装する
  • GameObjectをシーンに作成する
  • GameObjectにスクリプトファイルをアタッチする
  • Unityエディタでゲームを実行する

コンソールに1行のメッセージを表示するだけでも、5つの技能が必要でした。そしてあなたは今手を動かして『Hello World!』を表示させたことで、この技能を身に付けました。素晴らしい!

単純に文字列を表示させるだけでもいくつかの手順があるのは事実ですが、Unityでゲームを作っていく中でよく使う手順なので、最初に触れたことでもう怖いものはなくなりましたね。……すみません言い過ぎました。

『Hello World!』の表示はいわゆるおまじないと言われる儀式ですが、実際にやってみるとコーディング、コンパイル、実行の基本的な作業を通して体験できるので、やっておいて損はありません。

アプリ公開までの攻略チャートを作りました!

CTA-IMAGE

「スマホ向けのアプリを作ってみたいけど、何から手を付けていいか分からない!」


そんなお悩みをお持ちの方向けに、todoがアプリをリリースした経験から手順や考慮すべき点をまとめたe-bookを作成しました。ゲーム作りはそれ自体がゲームのように楽しいプロセスなので、「攻略チャート」と名付けています。


アプリをリリースする観点から書いているので各アプリストア向けの作業が入っていますが、企画、設計、開発、テスト部分については他のプラットフォームでも使える知識が満載です。


無料で入手できるのでぜひお早めにゲットして、開発をブーストさせてください!