あなたの想い描くゲームを完成させるお手伝いをします

テストでよく聞くブラックボックスとホワイトボックスの話【ゲーム開発】

ブラックボックステストやホワイトボックステストについて紹介しています。ユーザーが楽しくゲームを遊べるように、ゲームのシステム部分についてはテストを重ねて安定した動作になるようにしたいところ。テスト手法について知ることは、テストの質を上げてゲームの安定性を向上させることにもつながります。

ログを出力して処理内容を把握しよう【誰がためにログはある】

適切にログを出力するようにしておくと開発者の助けになります。動いているゲームの中身は、そのままの形だと人間が把握するのは至難の技。そこで人間にも分かりやすいログの形で処理内容を出力することで、システムの中で何が起きているのかを知ることができます。

処理の流れ(フローチャート)を書いておくとコーディングがめっちゃ楽

フローチャートは処理の流れを図として分かりやすく表現したもので、これに沿ってコーディングを行うことで作業を進めやすくなります。コーディングは設計段階が大切なので、フローチャートを使って処理の流れを整理しておくことでスムーズにコーディングを行うことができます。

「悩んだらやってみる」と行動できるのは強い【ゲーム開発】

「やってみたいけど、どうしようかなー」と悩んで行動までに時間がかかるのはよくあることなので気に病むこともないと思います。ただ、その悩みを抱えたまま生活するのは中々辛いものがあるので、やってみるか、それとも自分には合わないから辞めるのか、挑戦してから自分の体験をもとに決めると悩みを減らせるかもしれません。

【Unity】ビジュアルスクリプティングのメリットとデメリット【Bolt】

UnityではBoltというビジュアルスクリプティングツールを無料で使うことができます。ゲーム開発にビジュアルスクリプティングを導入するメリットとデメリットを頭に入れてから使ってみると、ツールの力を引き出してより効率的なゲーム開発を行うことができます。

料理人を目指すか素材の生産者を目指すか【ゲームの素材から作る?】

素材からこだわってゲームを作るのか、それとも他の人が作ってくれた素材を使ってゲーム開発自体に習熟するのか、この辺りはスタンスにもよりますが、どちらか一方のスキルを磨いてからもう一方を高めるようにするとスムーズに、そして楽しくゲーム開発が進められます。

1 36